必要かどうかを知る

何故ダクト工事は必要か

ダクトとは日本語で通風管とも呼ばれます。 これを設置する目的は基本的に建物の屋内の中の、空気を換気する為の物として設置されます。 基本的にこのダクトが多いのは飲食業関係のチェーン店や、大型オフィスビルや大型デパートやスーパーの空調整理として用いられる背景があります。 飲食関係に関しては衛生面の臭いの改善と、湯気などの視界を塞いでしまうモノなどに対する為の対策として設置されます。 この点においてはスーパーやデパートの惣菜部門などにおいても共通する点が多々あります。 対して大型オフィスビルなどは分煙などの建築物内施設設備の為に設置されていたり、そのオフィスビル内の労働者の呼吸衛生の改善目的、インフルエンザ対策などの為に設置されます。

設置する際に必要な注意点と法的な問題点

ダクトの設置には各々の設備規模などによって様々な法律が適用される事があります。 そしてそれは必要な事であり設置業者と話し合って、尚且つ法務部の組織が企業内に居るならば調整をして増改築などを行うなどの事も出来ます。 しかし、問題なのはダクトを設置する上で近隣住民との折衝が発生するという点についてです。 これは設置したダクトの排気口が近隣のアパートや隣家の一軒屋などの方に吐き出され、近隣住民から批判が出る形を指します。 この場合においては日本では訴訟問題にも発展しているケースが多々ある為、近隣の建築物の居住状態なども把握し、そしてそこから細かく近隣住民との相談もして排気口の設置などを業者と連携していく必要性があります。