ベアリングで決まる

ベアリングが静音性能に関わっている

ほとんどの機械は動力を使って動くものです。その動きが静かに出来るかどうかというのはベアリングという機械部品の性能に関わってくるところが大きいものです。ベアリングは回転する軸の受けとなる部品ですから、これがスムーズに軸を回転させるようにしないと振動が発生したり、音が出たりするのです。ですからベアリングの良し悪しで機械の静音性といったものも決まってくることにもなるのです。それぐらいベアリングというのは重要な部品です。これによって、機械が振動しやすいものにもなったりするので、機械の寿命といったものにも関わってくる大切な部品です。この蚋品は消耗品でもあるので、機械設計とのときには交換といったことも考慮すべき部品です。

機械は摩擦を減らすこととの戦い

機械の多くは動くものです。動くということは、どこかに摩擦が生じることになるのです。この摩擦は機械の寿命といったものともかかわってくるので、いかに摩擦を少なくするかということが昔から今に至るまでの課題となっているのです。そういった意味ではベアリングという部品はまさにその摩擦との戦いの最前線ともいえるものです。軸となるシャフトの回転をいかに摩擦を少なくして支えるかということで考え出された部品がベアリングなのです。そして、今はこの摩擦が全くない磁気軸受といったようなものまで開発されるようになっているのです。磁力でシャフトを浮かせたような状態で支えるので、機械的な摩擦といったものがないというような構造のものまで開発されているのです。