騒音を無くす為に

ライフラインからの騒音について

生活騒音というと、話し声や、洗濯機やエアコンの室外機といった家電製品から生じるものを思い浮かべがちです。しかし、自分の家の中からも、騒音が生じていることがあります。 その一つが配管からの音です。特に上下水道では、普段生活しているときには気にならなくても、就寝時など、周りが静かなときには、このような配管からの音が気になることもあります。 もちろん、上下水道を撤去するということは出来ませんが、そのライニングで対応することも出来ます。 このライニングに関しては、生活上の必要に応じる、というよりは、建築上の必要や利便性に重点を置いて行われていることが多いものです。そのため、生活を始めてみると、音が気になるということもあるのです。

ライフラインの設置に関して

このような配管に関しては、床下や壁の内側などの構造を利用している関係から、簡単に移動したり付け替えたりすることはできません。 そこで、新築時、あるいは大規模なリフォームのときに移動などを行うことが合理的です。 配管をどのようにライニングするかについては、出来れば新築の設計段階から検討したいものです。新築時には、住宅の目に見える設備や耐震構造などに注目しがちですが、設計段階では、ライニングの変更も比較的容易です。 また、具体的な作業としても、はじめから変更されていれば、余計な手間のかかるものではありません。 そこで、建築事務所などに設計を依頼する際にも、このようなライフラインの設計についても相談することが有効なのです。